GAISHIKEI LEADERSのハフィントンポストでの連載寄稿の第七弾として、ロート製薬の西口一希執行役員(GAISHIKEI LEADSRSサポーター)が、「20代でキャリアは決まる  GAISHIKEI LEADERSの共通点」という題名で、学生や20代の皆さんに熱いメッセージを出していただきました。

今後人口構成の変化により就職環境が学生や転職希望者に優位になる中、20代で自己育成を実現できる環境の仕事を意識して選ぶことが、将来のキャリアへの分岐点になる、と説いています。是非、ご一読ください。

20代でキャリアは決まる  GAISHIKEI LEADERSの共通点@ハフィントンポスト 日本版


Kazuki Nishiguchi

ロート製薬(株) 執行役員
西口 一希

1990年に大阪大学経済学部卒業後、P&Gジャパン(株)マーケティング本部に入社。ブランドマネージャー、マーケティングディレクターとしてパンパース、パンテーン、ヴィダルサスーン、ヴィックス、プリングルズ等のブランドマネジメント担当。また、90年代後半に流通戦略として日本初のECRプログラム導入のマーケティング担当、2000年初頭に日本と韓国においてショッパーマーケティング部門創設。2006年にロート製薬(株)に入社、執行役員マーケティング副本部長を経て本部長として、肌ラボ、OXY、オバジ、50の恵、デオウ、メンソレータムブランドのリップクリームと日焼け止め、ロート目薬ブランド、40以上のブランドマーケティングを担当。期間中、肌ラボブランドは40億から140億ブランドへ売上拡大し、日本No1の化粧水ブランドとなり、アジアから海外展開し、7期連続の増収増益を牽引。現在は、営業組織改革に取り組む。

カテゴリー: News